50歳を過ぎたら帯状疱疹の予防接種を受けましょう

 

帯状疱疹予防接種

 

 

 

帯状疱疹ってどんな症状なの?


 


 

 

 

帯状疱疹は、80歳までに
日本人の約3人に1人がかかる
身近な病気なのです。
体の左右どちらかに水ぶくれを
伴い、赤い発疹が帯状に出ます。
強い痛みを伴う事が多く、
症状は3〜4週間ほど続きます。


 



 

どうして、
帯状疱疹になるの?



 

子どもの頃に感染した
「水痘・帯状疱疹ウイルス」
俗に、水ぼうそう と言われる
ウイルスが原因で、
加齢や疲労、ストレスなどで
体の免疫力の低下した時に
発症します


 


 

@初めて感染した時は、
水ぼうそうとして発症します。

 

 

A治った後もウイルスは体内に
潜んでおり、普段は免疫力に
よって活動が抑えられています。

 

 

 

B加齢やストレスなどで免疫力が低下
するとウイルスが暴れだします。
 

 

 

 

Cウイルスは神経に沿って移動、皮膚に到達し、帯状疱疹を発症します。
 
 

 

 

 

帯状疱疹になって
他に困ることは?


 


 

 

発疹が治っても、長い間
痛みが続くことがあるのです。
帯状疱疹後神経痛と言って
皮膚症状が治まった後でも、
何か月、時には何年もつらい痛みが
残ってしまう可能性があります。

 

50歳以上では、約2割の患者さんが
このような状態に移行するといわれています。


 



 

 

まれに角膜炎などによる視力低下、
失明。難聴、耳鳴り、めまいなどの
合併症の障害・後遺症が残ることがあります。


 


 

 

帯状疱疹予防接種

当院では、50歳以上の方に
水痘ワクチンの予防接種をお勧めします。

 


 

詳しくはスタッフまでご相談ください

 

 

TOPへ